子供 薬

子どもも病院でお薬が出るの?

花粉症は大人でも子供でも発症することのあるアレルギーの疾患です。

 

杉やヒノキなどの自然の植物からが原因です。鼻水やくしゃみ、鼻炎などや、目のかゆみが主な症状です。

 

花粉症は、花粉に触れないことが防ぐために一番大事です。そのため、マスクやメガネなどが予防になります。家に入る前には、服についた花粉を払ったり、帰ったら目を洗ったりうがいをすると良いです。

 

しかし、子供の場合は、マスクを嫌がったり、花粉を払う細かいケアが自分自身では上手にできません。症状が出てしまうと、子供ですから痒さを我慢できずに目をこすってしまったりと炎症を悪化させてしまう可能性があります。

 

 

少し前までは子供の花粉症薬はないといわれていました。でも、今は子供も病院に行き花粉症と診断されれば、処方薬が出ます。病院によって様々ですが、点鼻薬や数日分の処方薬をまとめてもらえる所もあります。

 

子供の場合、「花粉症だろうなー」などと症状を見て自己判断するよりも、きちんと病院でアレルギー検査をしてもらって処方薬をもらうほうが安心です。

 

検査をしてもらうと、アレルギーのある植物がわかるので、いつの時期に発症するか目安もつきます。花粉症は予防すると軽減することや、症状がでるのを遅らせる事ができます。そのため、予防の観点から言っても、子供のアレルギーは何に対してあるのか把握しておくことが大事です。

 

Sponsored Link

 

 

参考:
生活習慣が花粉症を悪化させる!?【生活改善】
子供もできる安心花粉症対策【生活編】

 

 

 

【関連ページ】
学校生活への影響【子供の花粉症対策】
まだまだ小さいからお薬を使うのもためらうけれど、勉強などに集中できないのも困るのが小学生の子供たちです。学校生活への影響は・・・

TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策