小学生 子供 花粉症

学校生活への影響

学校生活への影響

現代は、スギなどの花粉の影響や生活環境の変化などで花粉症に罹る子供が増えています。
しかも、両親のどちらかが花粉症の患者の場合は、子供が発症する確率が高く、また花粉症になる子も低年齢化することが多くなってきています。

 

そのため、低学年のうちから花粉症の症状によるくしゃみや鼻水、眼の痒みなどでストレスを抱える子も多くいます。また、就寝をしている時に口呼吸になってしまうと、睡眠が浅くなって睡眠不足になりやすくなり、熟睡出来ない子も多くいます。

 

小学校の学校生活への影響は、睡眠不足や鼻水、くしゃみなどの症状のために、集中力が低下して学業に集中できないことなどがあります。

 

Sponsored Link

 

子どもの花粉症対策は大人が気をつけてあげる

 

一緒に住んでいる大人は、なるべく子どもたちが花粉症になる時期を遅らせたり、発症せずに済むように日常生活や食事に気をつけてあげましょう。

 

でも、子供が花粉症に罹ってしまったら、早めに専門の病院に通院をさせて投薬による治療を受けるなど、お医者さんに相談することも大事です。最近では、子供用の花粉症のお薬もあります。また、翌年からは予防投薬などで症状を軽くすることができるかもしれません。

 

普段の生活では、部屋を清潔に保つようにしたり、外出時にはマスクを着用させるようにしたりと気をつけられるべきことがたくさんあります。また、花粉症だけでなく他のアレルギー症状もあまりひどいようなときはペットとは離して生活をさせるなどの工夫をする必要があるときもあります。

 

小学校での学校生活に支障をきたすと、子供が辛い思いをするだけでなく、大事な時期の基礎学習の習得にも影響がでてしまいます。普段からアレルギー症状が出来にくい体質改善をするために工夫をしてあげたいですね。

 

Sponsored Link
【関連ページ】
子供に出される処方薬【病院で受診】
やっぱり一番効いて安心なのは病院でお医者さんに処方してもらえるお薬。子供への副作用はどういうものがあるの?

TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策