発症年齢

花粉症は何歳ごろになるの?【潜伏期間と発症年齢】

子供の花粉症

花粉症の発症年齢は20代~30代が多かったことから、成人後のアレルギー症状というイメージが強く認識されてきました。

 

しかし近年では子供の花粉症が問題視されています。発症年齢は早くて2歳ごろからとされており、小学生で花粉症が発症するといったケースもけして少なくはありません。これは抗体を蓄積する潜伏期間にあたる部分が一つの要因になっていると言われています。

 

原因は花粉の量だけではない

 

花粉症は比較的緩やかに体内に抗体を貯めていき、長い潜伏期間を得て大人になる頃に発症するというものでしたが、今では一定の抗体を満たすまでの期間が非常に短い傾向がみられます。これは単に空気中に散布する花粉量の問題だけではなく、その他の親からの遺伝、食生活、生活習慣が深く関係しているのではとも考えられています。

 

親がよくチェックして子供の花粉症に気が付くことが大事

親のチェックが大事

花粉症の症状は一度発症すると完璧に改善することは難しく、一定条件のもと症状は継続して続きます。症状は目の充血や痒み、くしゃみ、鼻水などが見られます。

 

施す治療としてはアレルギーを引き起こすものの特定をし、なるべくそのものから遠ざかった生活をする。重度の症状が続く時は薬などを投与して症状を和らげるものとします。子供の場合には症状の訴えが少ないことから花粉症と気づかずにいることも少なくないため保護者が注意して健康状態を管理することが大切です。

 

Sponsored Link
【関連ページ】
子供と花粉症
最近は花粉症の子供たちが増えています。子供と花粉症について簡単にまとめています。

TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策