花粉症|注射

花粉症と注射について

花粉症に効く注射

 

花粉症がひどくてつらい人なら聞いたことがあるのが、「注射なら一発で楽になる」といううわさです。

 

ムズムズ痒くてたまらない上に、薬を飲むと眠くなってしまった数年前は、ひどくて我慢できないと利用する人も多くいました。とても良く効くとよく言われていましたが、すぐ効くといううわさと共に現れるのが副作用の話です。

 

強いステロイド剤だから一発で治る変わりに、体調をこわしてしまう。女性は生理不順になったりもするらしいというものです。

 

Sponsored Link

 

花粉症を抑える注射にはどんなものがあるの?

 

一昔前に人気があったのはステロイド注射(副腎皮質ホルモン(筋肉内注射))が主になります。とても強い注射なので、合わせて副作用の話もよく聞かれ、現在は非推奨のお医者さんが多数です。

 

1シーズンに1本打つと効果が現れる反面、副作用が現れてもステロイドが抜けるまで放置すりしかなかったり、ステロイドを手放せなくなってしまったりしました。特に、妊娠中などには危険でした。現在では、花粉症のためにこの注射を行うことはほとんどありません。

 

このステロイド注射に変わって、主流になってきているのが皮下注射の免疫療法(減感作療法)です。この免疫療法(減感作療法)は現在注射が主流ですが、舌下に投薬するものも開発・承認されはじめています。

 

 

1シーズン1本ではなく効果もゆるやか

 

減感作療法、ヒスタミン添加免疫グロブリン(筋肉内注射)は1本で1シーズン中ずっと効果が続くわけではありません。また、ステロイド薬のように1本打ってすぐ効果が見られるものでもないということを覚えておく必要があります。ただし、ステロイド注射よりも副作用が少なくて済みます。

 

 

ステロイド注射以外はシーズン中何度も注射をする必要がありますので、なんども通院する必要があります。回数や料金など病院に確かめた上で経口薬を利用するのか、注射を打つのか決めるのが大事です。

 

Sponsored Link
【関連ページ】
病院に行ったらどんな薬が出されるの?検査方法は?
花粉症がひどくなってくると、病院のお薬の方が効くというアドバイスを耳にしますよね。では、病院に行くとどんなお薬が処方されるのでしょうか?副作用は?
花粉症に効く漢方薬【どんなものがあるの?】
お薬で抑えるのではなく、体質改善をして花粉症を治したい!そう思う方には漢方薬はどうでしょう。漢方薬にはたくさんの種類があります。どんなものがあるのか調べてみました。
食生活に気をつけるだけでも花粉症は抑えられる??
毎日食べるものだからこそ気をつけたい。花粉症を改善する食べ物や、反対にひどくしてしまう食べ物。すぐに効果はないかもしれないけれど、じっくり取り組んでみると違いが出てくると思います。
ドラッグストアで買える花粉症に効くおすすめ市販薬
ドラッグストアで気軽に買える市販薬。どれがおすすめ?主成分は?副作用は?気になることを調べてみました。

TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策