花粉症|市販薬

ドラッグストアで買える花粉症のための市販薬

花粉症に効く市販薬

「病院に行くヒマがない」「ひどくなるのは数日だけだから市販薬でやり過ごしたい」など、気軽に買えるドラッグストアの市販薬も人気です。

 

ドラッグストアではさまざまなお薬が手に入ります。薬剤師さんに相談すると、症状にあわせたお薬をすすめてくれます。「眠くなりたくない」「一日一回だけ飲むものがいい」など自分の要望もきちんと伝えるのがポイントです。

 

薬剤師さんがいない時間帯にドラッグストアに行くと花粉症のお薬は買えないことがあります。お薬を買いたいときは行く前に電話で確認してからの方がいいですね。

 

市販薬は抗ヒスタミン薬が中心です。
花粉症などのアレルギーは、ヒスタミンなどが引き起こします。そのため、抗ヒスタミン作用のあるお薬で症状をおさえます。症状を抑えるだけでアレルギーそのものを治すわけではありません。
花粉症そのものを治したい場合は、免疫力バランスを整えたり生活態度を改めるなどが効果があります。

 

Sponsored Link

 

人気の市販薬【飲み薬】

人気のある市販薬と特徴のまとめです。

 

アレグラFX

アレグラFX
アレグラFX公式サイト

 

人気の飲み薬です。嵐の大野さんのCMでおなじみですね。
お値段も病院で診察を受けたときより安いことが多く、効き目もいいです。
このお薬が発売されてから、処方薬をもらいに病院に行かなくなったという声も多いです。

 

アレグラFXのポイント
  • 眠くなりにくい
  • 一日二回
  • 空腹時でも飲める
  • 口が渇きにくい

 

早めの服用と継続服用がポイントです。
一日2回の服用が必要ですが、眠くなりにくいので朝飲んでも大丈夫です。また、空腹時にも服用できるので飲み忘れたと思ったら、すぐ服用できます。

 

ストナリニZ

ストナリニZ
ストナリニZ公式サイト

 

鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状を改善するアレルギー専用鼻炎薬です。
医薬品のジルテック錠と同じ成分が含まれています。(セチリジン塩酸塩10mg/錠)
痒みにも効果があります。
病院で出される処方薬でも同じ成分のものが花粉症対策として出されます。

 

ストナリニZのポイント
  • 一日一回の服用でOK
  • 服用後1時間程度で効いてくる
  • 予防効果もあり

 

アレグラFXより効果が高いです。
眠気をおこすことがありますが、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されるので、第1世代抗ヒスタミン薬に比べて眠気の副作用は低いです。

 

 

コンタック鼻炎Z

コンタックZ
コンタックZ公式サイト

 

医薬品のジルテック錠と同じ成分が含まれています。(セチリジン塩酸塩10mg/錠)
鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状を改善するアレルギー専用鼻炎薬です。
痒みにも効果があります。

 

ストナリニZのポイント
  • 一日一回の服用でOK
  • くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに効果
  • 日本で初めて医療用成分のセチリジン塩酸塩を配合

 

ストナリニZと同程度のお薬です。お値段もあまり変わりません。
眠気をおこすことがありますが、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されるので、第1世代抗ヒスタミン薬に比べて眠気の副作用は低いです。
お値段も高めなので、1割負担の方や症状重く有効成分をしっかり取りたい方は処方薬の方がいいと思います。

 

最近のお薬は予防にもなる

服用すると眠くなって仕方がないイメージのある花粉症用のお薬ですが、最近では第二世代の坑ヒスタミン薬が使われるようになり、眠気の副作用がぐっと緩和されました。さらに、第二世代の坑ヒスタミン薬は予防の効果もあるので、早めの服用が効果的です。

 

症状が現れるまで市販の花粉症対策薬を服用することで花粉症の症状が出るのを予防することができます。症状が出てからよりも薬の効果もあるので、早めに飲むことがおすすめです。

 

市販薬で効果が見られないほど、症状が重くなってくるようなら病院でお医者さんに診てもらうといいですね。

 

また、市販薬はきちんと薬剤師さんに相談したり、服用の注意書きを読むようにしましょう。間違った用法・容量では効果が出ない場合もあります。持病や常用のお薬がある場合は、なおさら注意が必要です。妊婦さんや授乳中の方は服用できない場合がほとんどです。

 

Sponsored Link

点鼻薬について

点鼻薬は、できるだけ使わないことをおすすめします。

 

特に長期に使用したり、一日何度も使用したりするのはあまり良くありません。市販の点鼻薬の注意書きでも「2週間以上は使わないこと」「一日4回まで」などの注意事項が書かれています。

 

これは、ステロイドが使われていたり、血管収縮薬などが使われているためです。

 

特に、血管収縮薬は長期間使用すると、薬剤性鼻炎などの副作用が出る場合があります。血管収縮薬は点鼻するとすぐに効果が現れるので何度も使いたくなりますが、重度の症状を治療する場合でも一週間~10日を限度とすることがほとんどです。

 

 

ステロイドの方がこわいイメージがありますが、ステロイドは血管収縮薬よりも副作用はおだやかです。経口のステロイド薬のように全身性の副作用はほとんどないといわれています。ただし、ステロイド薬も使用期間・使用回数共に決められたものを守るようにしましょう。

 

鼻がむずむずして我慢ができない場合も、アレルギー用の飲み薬が効く場合がほとんどです。点鼻薬を利用する前に、飲み薬を飲むかお医者さんに相談しましょう。

 

飲み薬を数回服用してもムズムズが収まらない場合は、病院で処方してもらった点鼻薬を利用するのが安心です。または、花粉症専用の点鼻薬を期間・回数などをきちんと守って使用しましょう。

 

花粉症などの季節性アレルギー点鼻薬

 

コンタック鼻炎スプレー
コンタック®鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用>

 

花粉症用の点鼻薬です。

 

コンタック鼻炎スプレーのポイント
  • 日最大4回(8噴霧)まで使用可
  • 使用間隔は3時間以上
  • 一ヶ月以上は使用不可

 

飲み薬がこわいからと点鼻薬ばかりを何度も噴霧する人がいますが、点鼻薬も副作用はあります。
きちんと使い方のルールを守って使いましょう。

 

Sponsored Link

 

 

【こちらもよく読まれています】

 

 


TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策