花粉症になる理由

花粉症になってしまう原因は??

花粉症はスギやヒノキの花粉に反応して起こるアレルギー症状です。

 

最近では、イネアレルギーや、ブタクサ、セイタカアワダチソウなど様々な植物の花粉に反応する人も増えてきています。また、ダニやハウスダストアレルギーの方も増えていますね。

花粉症の原因

 

それぞれアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎と呼ばれる症状が出ますが、花粉症は特定の季節に症状がでるため季節性アレルギー性鼻炎などと呼ばれます。

 

これらのアレルギーの原因は、免疫力のバランスが崩れてしまうためと言われています。そのため、花粉症などのアレルギーを改善するためには免疫力を高めることではなく、正常なバランスに整えることが必要になります。

 

免疫力バランスが崩れる原因は人さまざまですが、食生活や生活環境などで崩れることが多いと言われています。

 

Sponsored Link

 

【関連ページ】
免疫バランスを整える免疫力バランスを整える乳酸菌

 

花粉症発症のメカニズム

花粉症は、免疫細胞のTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れると起きるといわれています。アレルギー患者は、Th1細胞に対してTh2細胞が多くなってしまうことが多いと言われています。

 

Th2細胞は、B細胞を活性化させIgEの産生を促がします。生産されたIgEは、目や鼻・肺などの粘膜にある肥満細胞と結びつきます。そして、ふたたび花粉やダニなどの物質が入ってくると、肥満細胞と結合したIgEに反応してヒスタミンなどが作られ、できるだけ体の外に排出しようとしてくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が引き起こされます。

 

Th1細胞とTh2細胞

 

Th1細胞とTh2細胞はそれぞれ司令塔な働きをします。Th1細胞は、キラーT細胞を呼び出しウィルスや病原菌に侵された細胞を破壊します。Th2細胞は、B細胞を呼び出し特定の物質だけ攻撃します。このバランスが崩れると花粉症などのアレルギー症状が発症してしまいます。

 

免疫力バランスを整えるには

免疫システム細胞のTh1細胞とTh2細胞の働きを整えるには、腸内環境を整えると良いと言われています。

 

腸には免疫細胞の6割の数があります。そのため腸内のこれらの免疫細胞のバランスを整えることが肝になります。

 

腸内環境を整えるには乳酸菌が良いと言われています。特に、いくつかの乳酸菌は、Th1細胞を活性化させる働きがあるとされる研究結果が発表されました。特に、「L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)」は坑アレルギー作用も引き出してくれていることがわかっています。

 

【関連ページ】

乳酸菌は花粉症にいいのか花粉症予防にはやっぱり乳酸菌!?【乳酸菌の効果】
花粉症に効く乳酸菌サプリメント花粉症に効く乳酸菌サプリ【免疫力バランス補修】

 

Sponsored Link

 

 

参考外部サイト

サントリー健康レポート
カルピス乳酸菌の働き
ダノン 乳酸菌と花粉症について

【関連ページ】
花粉症になりやすい体質なりにくい体質ってどんな体質?
そもそも花粉症になりやすい体質ってどんな体質?
生活習慣が花粉症を悪化させる!?【生活改善】
規則正しい生活をしないと、花粉症はひどくなります。規則正しい生活をすることのメリット・デメリットを花粉症対策の視点からチェック!
花粉症は遺伝と関係あるの?【親と子どもの関係】
父親や母親が花粉症だったら、子供も花粉症になりやすい?遺伝って関係あるのかしら・・・。
花粉症になりやすい環境とはどういう環境?
生活環境で花粉症を悪化させたり、改善させたりすることはあるのでしょうか。なるべく花粉症をひどくしない環境ですごすにはどういうところがいいのでしょうか?
体を冷やすと花粉症がひどくなる?冷え性改善が大事!
体が冷えていると花粉症がひどくなります。冷やした体を温める方法や、どうして冷えてはいけないのか詳しく解説!

TOP まずは予防! 今すぐスッキリしたい 乳酸菌で花粉症対策 子供の対策